集客 使える技術の習得を!スポーツトレーナを目指す皆さんへ

使える技術の習得を!スポーツトレーナを目指す皆さんへ

選手に安心してプレイしてもらうために

世の中のスポーツトレーナといっても色々ありますね。
街のスポーツジムでトレーナーとしてやっている場合と、プロのスポーツ選手やチームに付き添っている場合と、大きく分けて2パターンかと思います。

後者の、プロの選手に付き添っているスポーツトレーナーは、選手の故障や怪我に対して日々向き合っています。
選手が故障をした時にどう対処するのか、そこが腕の見せ所でもあり、一番大切な仕事にもなります。

怪我がつきもののプロ選手にとって、次のプレイへの影響が最も気になるところです。

例えば、前十字靭帯を損傷した場合、病院では「松葉杖でしばらく安静でいるように」と診断されることが多いですが、極端な話、その状態でも翌日試合に出れるようなことも可能な場合も多々あります。
全てが当てはまるわけではないですが、正しい知識と技術を身につけたスポーツトレーナーであれば、不可能ではないです。

私の治療院でも、怪我の翌日に試合に出ることができたケースがあります。
そういったことがあると、選手との信頼度がより一層上がります。
プロの選手のそばにいるスポーツトレーナーにとって、信頼を勝ち取ることは何よりも大切なことです。

大事なのは実践で使える技術の習得

スポーツトレーナーを育成する学校では、故障に対して冷やすのかテーピングするのかなど、“どのように対処するのか”ということは教えてくれますが、故障を治療して翌日試合に出るにはどうしたらいいのか、ということは教えてくれないと思います。

ですから、実際にプロの選手を支える立場になったことを想定し、何を学んでおくべきなのかを考えておく。
そうすることで、自ずと答えが見えてくるはずです。

どんな場面に立ち合っても最高のパフォーマンスを発揮できる、それが優秀なトレーナーです。
今スポーツトレーナを目指している方々は、実際の現場で役に立ち、プロの選手の身になってサポートできるような、そんなプロのスポーツトレーナーを目指してください。

もっと詳しい内容は、動画セミナーサイトで配信しています。

スポーツトレーナーを目指す方へ

詳しく見る