集客 転向を考えたときに。リフレ・リラクゼーション従事者の方へ

転向を考えたときに。リフレ・リラクゼーション従事者の方へ

国家資格ではなく、実際の経験数が優秀な人材になる

現在、「セラピスト」と呼べる方々は日本全国でとても多くいらっしゃいます。
そういう、リフレ・リラクゼーションの世界から治療へ転向したいという方も中にはいらっしゃいます。

今回はそういう方に、少しヒントになればと思いお届けします。

リフレ・リラクゼーションの世界から治療へ転向したいと思ったときに、何か心配に思うことはありますか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、治療への転向の際に特別な国家資格などは必要ありません。ただ、資格が必要でない分、解剖や生理学に関する知識は大変重要になります。特に解剖学については、治療を仕事とする際になくてはならない知識です。

そして、その知識を身につけた後に大切なのは、実際の人間の体に触って経験をすることです。

治療の知識は机上だけでは身につけられません。
やはり実際に患部に触れて治療をした後の変化を、感触で体に染み込ませる、その経験を重ねてやっと技術を身につけることができます。

施術は人間の体と手を使うので、その使い方のスキルがあるかないかは大切になります。今のリフレ・リラクゼーションの仕事での技術がどうなのかというのものスタート時点では大切です。やはり、手の使い方が上手な人は治療者としての技術習得も早いと感じます。

治療者になるためにはどうしたらいいのか

それでは実際、今何をしたらいいのか。
これについては前述した通り、知識と経験を身につけるのはもちろん、プロから話を聞いたり学ぶことも大切なので、セミナーに参加したり動画を見る、そういったことで技術を習得してください。

また、自分の身の回りの家族や友達で腰痛などに悩んでいる方で試させてもらうなど、そういった“経験を積み重ねる工夫”をしてみてください。

リラクゼーションは気持ち良くなればいいというところがありますが、治療は、痛みがきちんと取れているか、10の痛みが3になっているか、そこが大切です。

治療者として必要なこと、それは医者に何年通っていても治らない、そういった方を助けるという意識もきちんと持つこと。それが仕事です。そして、そういう人の力になりたいと願う方は、ぜひ力になります。積極的にご相談してください。

もっと詳しい内容は、動画セミナーサイトで配信しています。

リフレ・リラクゼーション従事者の方へ

詳しく見る