集客 変形性股関節症について Part2

変形性股関節症について Part2

変形性股関節症について、それではどの筋肉を緩めたらいいのか。

大体股関節周りや大臀筋、中臀筋、小臀筋その下にある外旋六筋など。後ろ側に痛みが出るのは外旋六筋が多いですね、奥の筋肉なので、どう緩めるかなどはまたセミナーで詳しく説明します。

前側の痛みは腸腰筋です。大腰筋、腸骨筋がついているので、引っ張られて痛いという場合が多いです。この辺りの過緊張を取っていくわけです、またセミナーで詳しくご説明させて頂きますが、
直接触れる場合や遠くから施術する場合もあります。まずは、どこから痛みが出ているのかを調べる必要があります。

人工関節に変えても股関節の痛みを訴える方はいらっしゃるので、骨が原因ではないですね。これを理解している治療家の先生もいらっしゃいますが、患者さんに説明をし、納得して施術をしていくのが一番だと思います。


セミナーではこれまで培った知識や技術を皆様にご提供させていただきます。
本講座では、多くの悩める治療家の皆様の手助けになれると考えています。
もっと治療について学びたい、自費治療で患者さんを助けたい・治したいという先生がいらっしゃいましたら、是非一緒に学んでいただけたら、必ず、あなたの治療も変わってくると思います。


セミナーのご案内はこちら
https://kia-seminar.jp/


Youtubeでも、治療院経営に関する情報を提供しています。

もっと詳しい内容は、動画セミナーサイトで配信しています。

資料請求はこちら 資料請求はこちら