集客 頭痛治療について

頭痛治療について

本日は頭痛治療についてお話ししたいと思います。

痛みの出方は色々あるかとは思いますが、一般的には内科や脳外科にかかる人が多いです。

脳外科に行かれますと、大体CTで脳に異常があるかを確認しますが、異常がある方は滅多にいませんので、大抵の方は痛み止めをもらって帰ることが多いです。

最近は片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛などありますが、痛み止めを処方されることがほとんどです。
痛み止めでは治っているわけではないので、痛みが繰り返し出ます、また、痛みに耐性ができると薬が効かなくなります。
薬にばかり頼っていると、強い薬でないと効かなくなります。

頭痛の原因で一番多いのは、肩こりになります。肩こりで僧帽筋がパンパンに張って、脳に心臓から血液が行かなくなります。また、逆に脳から降りてくる静脈の流れが滞って頭が痛くなる、というパターンが多いです。
その次は首ですね、首が張って同様に血流が悪くなって頭痛が起こる、ですので肩こりをほぐす、肩の筋肉を緩めるという施術をするとかなり改善されます。

複雑になるのは頚椎の歪みや首の7つの骨の筋肉がずれて痛みが出るなどもあります。

つづきはパート2でお話しします。



セミナーではこれまで培った知識や技術を皆様にご提供させていただきます。
本講座では、多くの悩める治療家の皆様の手助けになれると考えています。
もっと治療について学びたい、自費治療で患者さんを助けたい・治したいという先生がいらっしゃいましたら、是非一緒に学んでいただけたら、必ず、あなたの治療も変わってくると思います。


セミナーのご案内はこちら
https://kia-seminar.jp/


Youtubeでも、治療院経営に関する情報を提供しています。

もっと詳しい内容は、動画セミナーサイトで配信しています。

資料請求はこちら 資料請求はこちら